腰痛の人が気を付けておかなければならないこと

腰痛で腰を温める時に心得ておくべきこと

youtsuunaosu
タイトルに「腰痛で温める時・・」と書きましたが、ギックリ腰のような突発的な腰痛は決して温めないでください。
暖めて治す腰痛には次のようなものがあります。寝ている時は痛くても、起きて動きだすと痛みがやわらでくるような腰痛です。身体を動かさないと痛くなるのは、筋肉が縮んで血管を圧迫し血行不良になるからです。長時間立っていた?、座っていると痛くなる腰痛も温めて治しください。このような腰痛は筋肉の疲労や筋力低下のため姿勢を保つ持久力が低下しているのです。また(にぶい)とか(だるい)という痛みがある腰痛は慢性的なものですがこれらも温めて治したい腰痛です。
それでは、身体を温める方法を書きます。身体を温める方法は「乾熱法」と「湿熱法」の二通りがあります。「乾熱法」とは電気毛布などで身体全体を温める方法です。「湿熱法」とは温泉や家庭で入浴して身体全体を温める方法です。どちらかを選ぶとすれば「湿熱法」がいいと思います。しかし温泉や入浴で暖まるのがいいといっても最低の知識は必要です。この「湿熱法」で留意しておきたいことが次のようなことです。湯の温度は体温より少し高めにします。決して熱くしないでください。また入浴時間は20〜30分くらいが理想です。それは「湯冷め」をするからです。なぜ湯冷めをするかとかんげいぇ見れば理解ができます。身体には恒常性という性質があり、常に同じ体温を保とうとしています。だから体温が高くなり過ぎると身体から放熱するので「湯冷め」をするのです。この「湯冷め」を防ぐために塩を小匙一杯か温泉の素なを
入れてください。身体は冷やさないことが健康の基本です。

 

腰痛の悩みは解決する事が出来る

youtsuunaosu
私は結構長い間、腰痛に悩まされていました。中学生から少しだけ腰痛があったのですが、運動をしていたので筋肉があったのであまり気にならなかったのです。高校生まではバレーボールで汗を流していたのですが、大学に入ってからとたんに腰痛がひどくなりました。あまり大学に入ってから運動をしなくなり、その代わりにデスクワークが増えたため、腰に負担がかかってしまったのだと思います。ひどい日はベッドから朝起き上がれないくらい痛かったこともありました。そこから、少しずつ運動を始めることにしました。電車バスをあまり使わずに、歩いていける距離はしっかりと歩くようにして、部屋でストレッチや腹筋や背筋などを始めたところ、少しずつですが腰痛が和らいだように感じました。整体師の方に聞いたことですが、背筋と腹筋を同じくらいに鍛えておくと腰痛持ちの方も和らいだりすることがある、とおっしゃっていました。私は背筋の左のほうが右に比べてかなりついていて、左右の筋肉量に差があったため、腰痛がひどくなったのではないかと言われました。これは正しいかはわかりませんが、私は座ったときに足を組む癖があります。足を組むと、背筋の片方だけに力が入っているように感じます。そのせいで、私の背筋の右左の筋肉量に差が出たのではないかなと推測しています。腰痛がひどいと、あまり運動をする気におきませんが、ひどくならない範囲で適度に体を動かしてみると、意外と腰痛が和らいだりするかもしれません。みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。

 

腰痛になってはじめて気が付いた腰の大切さ

 

腰痛になって気が付いたことは、日常生活の中で腰を曲げる作業や、前かがみの作業が多いということです。
デスクワークをはじめ、掃除も前かがみの作業です。

 

私は以前、農作業の仕事をやっていたことがあり、その時はほとんど前かがみの作業でした。
その時の腰痛の後遺症がまだあり、ちょっとした作業でも腰痛が発症してしまいます。

 

腰痛を防ぐためには、普段から腰に負担をかけない動作を行うことが大切です。
そのためにもなるべく動作はふり幅を少なくすると良いようです。

 

また、前かがみの作業の時は、腰から曲げずに、まずは膝を落として、腰の負担を和らげるようにしています。

 

意外と腰を使う動作が自転車です。
自転車は座っているので楽なように見えますが、ペダルを足で漕ぐので、かなり腰に負担がかかってしまうようです。

 

私は腰痛が再発してから、自転車には乗らなくなりました。
少し状態が落ち着いてきたら、少しずつ乗るようにしたいと思っています。

 

今回、かなり大きな腰痛になりましたが、考えてみれば以前からその予兆はあったような気がします。
特にデスクワークでは長時間座っているので、どうしても腰が痛くなってしまいます。

 

しかし、少しの痛みならそのまま我慢していたのが良くなかったのだと思います。
また、掃除の時も箒で掃くために、腰を曲げる動作が多かったような気がします。

 

今後は腰痛にならない動作を考えた動きをやっていこうと思います。
また、歩く時もかかとに重心をかけすぎずに、つま先の方に意識して重心をおくようにすると、かなり腰の痛みが良くなりました。

 

ただ立っているだけでも、腰の負担はあります。痛めてしまった時にはマットレスが有効になるでしょう。
特にマニフレックスやAIRと並んでモットンのマットレスは口コミも良いのでお勧めできます。

 

腰痛の為のマットレスを選びたい方は腰痛マットレスのランキングサイトが便利です。

 

そのため、こまめに横になって、腰の負担を軽くすることも大切です。

 

慢性的な腰痛は温めることで、痛みが軽減しますし、血行も良くなるので治りが早くなるようです。
今後もちょっとした油断で腰痛が発生してしまう可能性があります。

 

日々の生活の動作で、腰痛になりにくい動きをたくさん取り入れて行きたいと思っています。

更新履歴